Care

・革本来の持ち味を活かすために色止めなどの加工を極力抑えていますので稀にトラや血筋、
色ムラがある場合があります。そして雨や水に濡れると風合いが変化したり色うつりする事が
ありますのすぐにお拭き取りください。

・表面の漆加工は何度も塗り込んでいるので使えば使うほど漆の艶が増していき、経年変化も楽しめます。

・硬いものとの摩擦や接触で漆自体が剥がれる恐れがありますのでご注意下さい。
一度剥がれますと上からまた漆を塗ることができません。ですのでズボンの後ポケットなどには入れずにバッグの中に入れて持ち歩いて頂くかジャケットの内ポケットに入れて頂く事をお勧めしております。
そうする事で財布が押しつぶされる事が少なく表面と他の物との接触が少なくなると思います。

・長時間日光や照明などにあたると光沢が失われたり、変色、色あせする事があります。

・本製品に使われている漆は完全に乾燥させていますので漆によるカブレはほとんどありません。
しかしごく稀に体質等によりカブレが生じる事があります。
その時は使用を中止して医師に相談してください。

・日々のメンテナンスは定期的に乾拭きして表面の汚れを落として下さい。
理想的には2−3ヶ月に1度はすべてのものを抜いて表面と内装を乾拭きして影干して休ませて下さい。
中の革はカーフを使っているのでクリーム等でメンテナンスをしてください。

・時折、手でお財布の表面を撫でてあげると、表面の漆と革が馴染んでいきそして革に漆が刷り込んでいき、
なんとも言えない革味になってきます。

・使用を重ねるにつれキラキラとした光沢を持っていた漆部分は、少しずつ擦れていき、
初めの光沢感とは異なる渋い艶感に変わります。

・通常のスムース革とは異なり漆革にはクリームなどの使用はあまりおすすめしません。
意図しない科学反応をしてしまう可能性があります。
それでも試したい時は目立たない所で試してから塗ってみて下さい。
そして表面の漆が擦れて目立たなくなってきた時には少量のクリームを使ってメンテナンスをして下さい。

金加工について

・表面の金加工は金の上に薬品や漆でコーティングしていますので軽い摩擦などでは簡単には剥がれません。
しかし硬いものとの接触により剥がれる事がありますのでご注意ください。

・通常、金は程よい擦れを繰り返す度に艶が増していきます。